ヨガとは

古代インドで生まれた行法で、精神の統一、解脱を目的に行われてきました。
仏教を通じて日本には、座禅という形で入ってきています。

もともとは瞑想を中心とした形でしたが、ムドラー(印相)や、プラーナーヤーマ(調息、呼吸法)、シャットカルマ(浄化法)などの身体的修練を重視したものに変化してきました。
近年では、ヨガといえば、フィットネス要素が強いアーサナ(ヨガポーズ)を中心とした運動を指すことが多い。

ヨガの言葉の意味

日本では、ヨガと呼ばれることが多いが、サンスクリット語読みではヨーガと発音されます。

ヨガは、「牛馬にくびきをつけて車につなぐ」という言葉から派生した名刺。
「牛馬を御するように心身を制御する」という意味。
よく「心と体をつなぐもの」といわれています。

ヨガ行者

ヨガ行者のことをヨギーもしくはヨギといいます。

お問合せ